副業

【保存版】副業でおすすめの在宅でできる10選【40代サラリーマン】

こんにちは、テッシーです。

副業について最近よく聞く悩みがあります。

悩む人
悩む人
40代サラリーマンで副業をしたいけどパソコンを使って在宅でできるものを知りたい。

あとスマホとかで電車の中でも気軽にできるようなものがある?

 

こういった疑問に答えます。

 

テッシー
テッシー

僕は2015年から在宅でひっそりと副業を始めました。

現在はブログ運営を主に活動しています。(青色申告済み)

また、コピーライターやコンテンツ販売なども経験があります。

なのでその経験や今後伸びる分野からチョイスしました。

 

この記事で分かること

在宅で自分にあった副業を知ることができ、すぐに行動に移せるようになります。

結論として、僕がおすすめするのはブログ運営なんですが、その2つの理由も詳しく解説していきます。

 

では、さっそく

  • 副業10選を選んだ2つの基準と4つのポイント
  • 【保存版】40代のおっさんが在宅で始められるおすすめの副業10選
  • まとめ+ブログ運営をおすすめする2つの理由

これらについてご紹介していきます。

副業10連を選んだ2つの基準と4つのポイント

40代サラリーマン向けの副業10選を選んだ基準は2つです。

  • 【4つのポイント】ローリスクでハイリターンが期待できるか
  • これまでの人生の経験を活かすことができるか

深掘りします。

【4つのポイント】ローリスクでハイリターンが期待できるか

副業はローリスクで始めるべきでハイリターンも期待できると尚良いです。

そこで、僕がおすすめするポイントは4つ。

  • 利益率の高い
  • 在庫を持たない
  • 初期投資がゼロか極少額
  • 継続収入が見込める

 

この4つのポイントはホリエモンさんが2010年に提唱している基準値です。

僕も本業では経営者ですので上記4つのポイントは大いに共感しています。

これだけではありません。

 

さらに、

今後需要が伸びる分野にトライすることで期待感と安心感が持てると思います。

 

 

また僕らが副業にトライする上で怖いのが失敗して「お金を失う危険がある」という側面があります。

 

でも、上記の4つのポイントをチェックしておけば、ほとんどお金をかけずに始めることができます。

テッシー
テッシー
僕のように石橋を叩きすぎる方でもリスクフリーでチャレンジできます。

 

これまでの人生の経験を活かすことができるか

若者にはない40代のサラリーマンだからこそ、これまでの人生経験を活かせる仕事がいいです。

例えば、20年以上の社会経験があれば後輩や部下の育成をしたことがあるでしょうし、

何度か転職をした方であれば、転職での苦労やいろいろな業界の裏側だったりを体験していると思います。

 

また、

さまざまな恋愛をしてきた方であれば、女性関係のことを深く知っていますよね。
それから、

長い社会経験があるからこそ様々な人間関係のことなども若者に負けない深い知識があるでしょう。

 

このように、あなたにしかない「宝」を発掘して形にするのもアリです。

では、さっそく詳しく見ていきましょう。

 

【保存版】40代のおっさんが在宅で始められるおすすめの副業10選

どれも在宅で始めるので、基本的には家でパソコンを使って作業をします。

また、スマホを使って電車の中などスキマ時間を活用することで作業効率がアップしたりします。

ブログ運営

まずは僕が今実践しているブログ運営があります。

自分だけのブログを運営し記事を作成して投稿、そして広告収入(アフィリエイト)を得るシステムになります。

 

広告収入というと「どういうこと?」となると思います。

自分のブログ記事に他社の広告を設置し、他社の商品を紹介します。その対価として紹介報酬を頂くビジネスです。

いまあなたが見ている僕のブログもそういうシステムになっています。

 

詳しく別記事で解説していきましょう。

関連記事:

 

WEBライター

WEBライターはその名の通り、ネット上で文章を書くお仕事です。

文章を書くものとしては、「記事」「メルマガ」「商品販売ページ」などの誰かの仕事を文章でサポートします。

 

ブログ運営と違うことは、自分のメディアか他人のメディアかということです。

WEBライターは、他人のメディア記事などを作成する仕事です。

 

メディアとは情報を発信する媒体や手段のことです。

テレビ・新聞・雑誌などをマスメディアといいます。

 

詳しく別記事で解説していきましょう。

関連記事:

 

WEBデザイナー

WEBデザイナーも、その名の通りネット上でデザインを行う仕事です。

ぶっちゃけセンスがあるかないかが一番大事かなと思います。

僕は画の才能が死ぬほどないのでWEBデザイナーにはなれません。

 

ですので、趣味でアニメキャラなどを書くのが好きな人。

本業でも行っている人、デザインに興味がある人におすすめです。

 

・お仕事はクラウドサービスでゲットするのがおすすめ

関連記事:

 

プログラミング

AI時代に突入するため、AIを動かすプログラミングが世間的にブームです。

2020年度には小学校にも義務教育で導入されるので伸びる分野と言えます。

また、のちに説明するAIデザイナーとも親和性が高いです。

 

僕も興味をもっているので少しずつ行動しています。

まずは独学から始めてみました。やり方もアウトプットしていきますね。

 

もしプログラミングに興味がある方はぜひトライしてみてください。

関連記事:【結論】プログラミング初心者はスクールよりProgate【40代副業】

 

動画編集

今はスマホのネット回線は4Gですが、まもなく5Gが導入されます。

 

5Gになると動画コンテンツが大幅に躍動する時代になっていきますので、動画を編集できるスキルの需要が増します。

 

プログラミング同様、動画編集も今後伸びる分野ですし、僕も大いに興味をもっています。

もし動画編集に興味がある方はぜひトライしてみてください。

 

営業代行・経理代行など

営業代行も経理代行なども今あなたが持っているスキルを活かす仕事になります。

主にフリーランスや個人でやられている方がお客さんです。

 

・営業代行

本業で営業をしている方は、そのスキルを活かして僕みたいな営業の苦手な方とタッグを組んで仕事をすることもできます。

また、個人の時代で対人営業のスキルが必須になりますので今後伸びる分野じゃないかと僕は考えています。

さらに今話題のサブスクリプション(継続課金)のある仕事を受注し、パートナーに振ることで不労所得的な収入も見込めます。

 

・経理代行

数字に弱いフリーランスや営業バリバリのフリーランスに毎月の記帳代行や確定申告の代行など。

また、マーケティングを覚えて数字の面からの提案などができるとAIが台頭してきても重宝されるでしょう。

経理代行も、継続的な契約をゲットすることでサブスクリプション(継続課金)が見込めますね。

 

・お仕事はクラウドサービスでゲットするのがおすすめ

関連記事:

 

コンテンツ販売

コンテンツとは「価値のある内容物」をいいます。

例えば、教材・情報・動画・音声・ブログなど、だれかの役に立つ制作物がコンテンツと呼ばれています。

 

このコンテンツがネット上にあれば、メールやダウンロードで相手に届けることでコストゼロで売上を上げることができます。

そして一番の魅力は自動化することで不労所得状態になることも可能。

 

例えば、AmazonKindleで電子書籍を出版・有料noteを販売など大手プラットフォームを利用したり、

写真サイトで画像を販売、ココナラでサービスを販売、自社サイトで販売したりと自由度が高いです。

 

このようにコンテンツを持っている人は自由に販売できることがコンテンツホルダーの強みでしょう。

 

具体的には、

これまでの人生経験で得たスキルをまとめて電子書籍で稼ぐということもできます。

例えば、会話術・恋愛術・筋トレ方法・仕事術・営業術・コミュニケーション法など

 

僕もAmazonKindleで電子書籍を出したことがありますが、「自分にはムリ」という心の壁を乗り越えると以外とたいしたことがないなと感じます。

 

AIデザイナー

AIデザイナーとは、AIを導入する企業にむけてコンサルタントをし、どこへAIを導入すればいいのかをデザインする仕事です。

 

また、クライアント企業内にAIをトレーニングする人材を育成し、

各企業でAIを使いこなせるようにする役割も。

僕もAIデザイナーには興味がありますが、まだ情報収集が不足しているので追記か関連記事で書いていきます。

 

AIデザイナーは企業をコンサルするためマーケティングスキルが必須になりますね。プログラミングもできれば尚良いでしょう。

 

心理カウンセラー

人間の進化が追いつけないほど時代の流れが急速になっているため、人々には「心の病」が急増。

 

鬱という言葉が日常生活に浸透しているため、心理カウンセラーなどの役割が必須です。

企業でも心理カウンセラーを常駐させる「産業カウンセラー」なんかも増えています。

 

僕も吃音をもっているため心理カウンセラーには興味をもっているのですが、生半可な気持ちでは務まらない職業だと感じています。

 

ただ、今後伸びる分野でもあるため、「誰かの役に立ちたい」と強く思っている方はトライしてみてもいいでしょう。

 

マーケティング

マーケティングとは、潜在顧客をファン化するまでの大きな戦略を考えて実行することです。

「優れたマーケティングはセールスを不要にする」とピーター・ドラッカーが言っています。有名ですよね。

 

そのため、マーケティングのスキルは汎用性が高くすべての業種で適用することができます。

「社長の仕事はマーケティングだ!」とダン・ケネディも言っています。

ダン・ケネディは不動産王と呼ばれたトランプさん(現トランプ大統領)のブレーンとして活躍していました。

 

ですので、マーケティングスキルをつけると、本業の仕事でも活かせますし、ライティングと同様に汎用性が高いため食いっぱぐれのないスキルと言えます。

 

まとめ+ブログ運営をおすすめする2つの理由

今回は、40代のサラリーマンが副業をする上で「選ぶべき2つ基準・4つのポイント」と「基準にあった副業スタイル10選」をお伝えしました。

ご自身にあった副業が見つかると嬉しいなと思います。

ブログ運営をおすすめする2つの理由。

僕がブログ運営をおすすめする理由は、普遍的なスキルである

  • マーケティング
  • ライティング

これらの2つのスキルが自然と向上するからです。

さらに、誰にも振り回されずにマイペースでコツコツできるので、副業初心者のおっさんにはピッタリだと思います。

・ブログ運営の仕方をていねいに解説