プログラミング

【結論】プログラミング初心者はスクールよりProgate【40代副業】

悩む人
悩む人

40代でプログラミング初心者なんだけど、どうやったら効率よく学べる?

副業でプログラミングを習いたいんだけど、スクールに行かないと無理?

こんな疑問に答えます。

 

【速報】オンライン教材・メンターのサポートを使い放題【1週間無料体験】

初心者でも1週間で天気予報アプリが作れる【無料体験】

 

経済産業省で2030年までに59万人のIT人材が不足する予想がでているので、プログラミングで波に乗りたいと思っている方も多いと思います。

 

そこで気になるのが、

「プログラミングをどうやって学べばいいのか?」

ということですよね。

 

ネットでいろいろ検索すると「プログラミング初心者はスクールがいい」というブログが大量にヒットします。

 

でも、ちょっと待ってください。

一番重要な部分がゴッソリ抜けています。

 

重要

一番重要なのは

「自分はプログラミングに向いているかどうか」

プログラミングへの適正を知ることが一番重要です。

 

なぜなら、15万以上払ってプログラミングスクールで学んでも、途中で挫折してしまっては意味がないからです。

ですので、プログラミングスクールではなく無料のProgateで試してみるのがベストだと思います。

 

【結論】プログラミング初心者はスクールよりProgate【40代副業】

なぜ40代で副業する人はスクールよりProgateなのか

40代の僕が実際にプログラミングを学習してみて分かったのは、いきなりスクールへ入ることではなく、自分にプログラミングが合っているのか確かめることです。

そのために無料で使えるProgateがおすすめ。(一部有料あり)

 

なぜなら、10代や20代の若者と違って40代は体力も気力もなくなり、パソコンに長時間向かうと目や肩などが疲れやすくなります。

 

しかも、呪文のようなプログラミング言語を入力する作業も考えただけで大変。

これまでと全く違った分野にチャレンジするには中年には勇気がいります。

 

こんなリスキーの状況で、いきなりプログラミングスクールへ入っても、キチンと適応できるか考えただけでもゾッとしませんか。

 

しかも、本業後の疲れ切った体で。

 

テッシー
テッシー
そんな高リスクを抑えるためにも、無料でトライできるProgateで自分の適性を見極めるのが最善の策だと僕は感じました。

 

Progateをある程度やってみて、

「よし!プログラミングやれそうだ!」

となれば、プログラミングスクール体系的に効率よく学べば良いと思います。

Progateは点と点の作業なので、全体像の流れが掴みにくいです。

プログラミングの一連の流れを掴むためには教科書が必須。そのためにプログラミングスクールを活用するのがおすすめです。

 

プログラミング初心者は何から学ぶべきなのか?

プログラミング初心者は、基本となる

  • HTML
  • CSS

この2つから学ぶべきでしょう。

・HTMLとは、ざっくり言うと今見ているサイトの枠組み構築です。

(大工が家の枠組みを作るイメージ)

 

・CSSとは、ざっくり言うと枠組みを装飾してキレイにすることです。

(内装屋が家の内側をキレイに整えるイメージ)

 

僕も初心者に毛が生えたようなものですので、HTMLやCSSの概要はザックリとしか覚えていません。

ですが、大事なことは1つ。

「実際に手を動かしてやってみる」

ということです。

 

プログラミング初心者は、インプットも大事ですが実際に手を動かしてアウトプットすることで、体に覚えさせることが重要になります。

手を動かしてアウトプットすることで、プログラミングが自分に合っているのかが分かるようになります。

プログラミングをやってみて「なんか楽しい!」って感覚をもつのであれば、とりあえず適性はあるのではないでしょうか。

 

プログラミング初心者におすすめなProgateとはどんなサービス?

Progateは、「初心者でも挫折しない学べるサービス」をコンセプトにしたプログラミング学習サービスです。

プログラミング初心者にProgateがおすすめな3つの理由

プログラミング初心者にProgateがおすすめなのは3つ理由があります。

  • 実際にコードを入力することで疑似体験ができる
  • 分かりやすく見やすい説明
  • レベル上げがあるのでハマる

これらについて深掘りします。

 

実際にコードを入力することで疑似体験ができる

Progateは座学ではなく、少しの説明のあとイキナリ実践です。

そう、簡単なコード入力から学習が始まります。

 

ですので、本などを読んで「難しそう」という先入観や苦手意識をもつ前に、プログラミングの実践ができます。

いきなりプログラマー気分を味わえるわけです。

 

コードを入力して実際に動くと快感に感じる人も多いはずです。

分かりやすく見やすい説明

レッスンの分かりやすさ、デザインのとっつきやすさも好印象。

 

文字だけがずらっと並んで、眠くなるようなレッスン内容ではなく、デザインも工夫されています。

レッスンの説明も分かりやすくシンプルですので、スムーズにレッスンを進めることができます。

 

レベル上げがあるのでハマる

Progateの醍醐味の1つはレベル上げです。

まるでドラクエのようなRPG感があり、経験値が溜まっていくシステムはゲーム好きにはたまりません。

 

レベルが上がることで、実際に達成感も感じることができますので、最後まで続けたくなるよな仕組みになっています。

ハマりすぎ注意です!

 

phpやrubyやpythonなど基礎編を無料で学習できる

プログラミング初心者を挫折させないProgateは、プログラミング用語の「php」「ruby」「python」など初心者向け用語も網羅しています。

 

phpやrubyやpythonってどんな言語?

プログラミングの本番は、phpやruby、pythonからがスタートです。

これらはサーバー側(僕らに見えない部分)で機械に命令をする言語で、ネット上のサービスやアプリを作るときに必須な言語になります。

 

会社組織で考えると、

  • HTMLやCSSが営業マン(第一線)
  • phpやruby、pythonなどは部長や取締役(裏方)

こんなイメージかもしれません。

 

HTMLやCSSは、厳密にはプログラミング言語ではなく、マークアップ言語というみたいです。

HTMLやCSSが終わったら、php・ruby・pythonのいずれかを学習するのが良さげです。

 

かなりプログラミング言語が増えてきましたが、Progateなら18レッスンも無料で学習できます。

 

無料で18レッスンも学習できる

Progateは18レッスンも無料。

  • プログラミング初心者向けの「HTMLやCSS初級編」
  • WEB制作の「php基礎編」
  • アプリ制作の「Ruby基礎編」

などが無料で受講でき、プログラミング初心者には優しい学習サービスです。

 

ですので、プログラミングスクールへ入る前にProgateで18レッスンを学習しておけば、自分に合う言語も分かると思います。

 

実際にprogateを使ってみた

僕もプログラミングに興味があったので少しずつですがProgateでやっています。

もちろん、HTMLとCSSから始めています。

 

・Progateのスタート

↑見やすく分かりやすいデザインや説明ですので、誰でもスムーズにプログラミング学習をすることができます。

 

・ 説明の後、すぐにコード入力があります。

真ん中の黒いボードがコードを入力するテキストエディタになります。

本来のテキストエディタは、パソコンにダウンロードして使うのですが、Progateはテキストエディタをネット上で使えるので、すぐにコード入力ができます。

右側にあるプレビューについて

上が自分が入力したコードが反映されたもの。

下が見本となるコード。

僕らは見本と同じになるように入力します。

 

・最初のコード入力が成功するとレベルアップ

このレベルアップがあるからプログラミングを飽きずに続けられる仕組み。

まるでRPGゲームをしている感覚です。

 

・サクサクと進めることができます

1つずつコード入力を学びながら楽しめますので、サクサク進みます。

1時間なんてあっという間。

 

・プログラミングは楽しい

僕もまだまだ途中ですが、HTMLやCSSがちょっとずつ分かってきました。

Progateは期間の縛りもないため、自分の好きなときに好きなだけ学習できるのがいいですね!

 

Progate後はオンラインスクールで体系的に学ぶ方法もあり

Progateをある程度進めたら、

  • 独学で進めていく
  • Udemyなどオンライン教材でマイペースに学ぶ
  • スクールで体系的に効率よく学ぶ

このような選択肢がでてきます。

独学で進めていく

このままProgateやドットインストールという無料学習サイト(一部有料)を活用して、独学で学ぶ方法があります。

独学ですと、好きなときに好きな言語を自由に学べるメリットがありますが、40代には厳しいと言えます。

 

なぜなら、40代は若者と比べてあまり時間が残されていません。

 

プログラミングはエラーとの戦いですので、独学だと孤独ですし即詰みします。

やがてプログラミングを諦めてしまう可能性が高いです。

ですので、よほどのことがない限りは誰かに教えてもらうのがいいでしょう。

 

Udemyなどオンライン教材でマイペースに学ぶ

Udemyというオンライン教材サイトがあります。

個人がつくった教材でプログラミングなどを学ぶことができます。

 

Udemyで好きな教材を購入したのち、自分の好きなタイミングで学習できるのがメリット。

学習は基本動画で進められていくので、何度でも繰り返し見れますし、講師に質問できる環境もメリットです。

 

また、気になる価格について、Udemyは基本的に20,000万前後の価格帯がメインです。

しかし、頻繁に90%OFFセールなどをやっているので2,000円前後で購入できることが多いです。

90%OFFでなんか怪しいと感じるかもしれませんが、

運営会社がベネッセですので安心してOK!

 

ただ、デメリットもあり、

独学とさほど変わらない環境

ということがあります。

 

まず有料教材で学習をしてみたい方はUdemyで進めるのもいいかもしれません。

↓公式サイトはこちら↓



スクールで体系的に効率よく学ぶ

プログラミングスクールに入って、体系的に一連の流れを学ぶことが40代にとっては一番いいのかなと感じています。

 

なぜなら、実際の流れが分からないと仕事を受注したとき進められないからです。

例えば、営業トークをピンポイントで学習しても、どのタイミングで言うのか、どういう風に一連の流れで使っていくのかが分からないから。

その流れを学べるのがスクールのメリットだと思います。

 

スクールには、

  • 通学
  • オンライン

の2パターンがあります。

通学のメリットは、塾のように対面で直接プロから学べる点仲間づくりができる点。

 

オンラインのメリットは、僕みたいに地方に住んでいても、仕事が忙しく通学できない人でも、自宅にいながら品質の高い授業を受ける点。

 

また、オンラインスクールのテックアカデミーには、現役のエンジニアが自分のメンター(先生)として在籍しています。

テッシー
テッシー
現役のプロだからマジで心強い!

 

メンターと定期的にビデオ面談することで、

  • 学習のチェックと丁寧な指導
  • 今悩んでいる点の解消
  • スクールを卒業した後の話など

独学では味わえない体験が一番のメリットかもしれません。

僕もProgate後はテックアカデミーにしようかと思っています。

初心者でも1週間で天気予報アプリが作れる【無料体験】